fc2ブログ

助けて、プーさん



 手袋で蒸れたのがいけなかったのか、はたまた連日の不摂生が祟ったのか、
あるいは、この体、すでに免疫不全状態にあるのか、
件(くだん)の指の傷が化膿してしまった。



 火曜日の未明午前3時、指の痛みで目が覚めた。


 しばらく半覚醒でガマンしていたが、一向に改善しないので
ごそごそと起き出し、痛み止めを飲んでまたベッドに。

 それでも、1時間ほど苦しんで寝られなかった。


 朝になり診察室に行って見てみると、どう見ても膿んでる。

 あいにく、火曜日は「かめいクリニック」は休診。
どうしようかと思ったが、結局CRPの野口先生に電話で相談した。


「あー、そりゃ、オグラさん、開けるしかないですよ。
糸抜いて、出るたがってるモンを出してあげて、
できれば、消毒綿でそこグリグリするんですね。」

「グリグリ?で、できない、できない。」

「じゃあ、消毒液でジャブジャブ洗うんですね。」

「・・・・ワカリマシタ。」

ってことで、妻に抜糸してもらって、洗浄する。


これが、痛いの痛くないの。


「ちょ、ちょっと待って。
な、なんか、こう、つかむものある?抱きマクラとか。」

「先生、これどうですか。」

って、ことで看護婦さんが渡してくれたのが外来にあるでっかいプーさんのぬいぐるみ。

「あ、ああ、サンキュー。」

プーさんにしっかりしがみついて洗ってもらう。

「行くよー。」
「くーーー、うおーーー。」


そういえば、スパイの拷問かなんかで
指の爪の間に竹の串かなんかを差し込むのがあるときいたことがある。

「た、助けてください、も、もう、何でも白状します。」

「はーい、がんばってー、もうちょっとよー。」

心なしか、副院長も看護婦さんもニコニコしている。


ぐーーー、プーさーん、助けてくれーーー。

抱きしめられ変形しながら微笑んでる(だろう)プーさん。


しまいには、トナリのベッドで点滴してた若者がカーテンを開けて
「先生、大変そうですね。おかげさまで僕は大分よくなりましたけど。」

こいつめー、昨日は扁桃周囲炎で痛みに苦しんでたのにー、
このー、う、うらやましい。
早くオレも良くなりたい。




 そんなわけで、夜に予定してたフットサルは中止になり、
各方面の皆様に大変ご迷惑をおかけしました。



 

新宿で同窓会



 ちらっと書きましたが、先日の土曜日は大学時代の同窓会で東京行ってきました。

 昨年6月の前橋以来(同窓会に行ってきました)だけど
今回は同窓会といっても、東京近郊在住の同級生が勝手に集まって飲む、というもので
オフィシャルなモノではありません。



 今回の参加予想メンバーを考えても、新宿から足利まで帰ってくるのはムリなので
新宿のホテルにまずはチェックイン。


 時間があるので、とりあえず、シャワーを浴びて、例の指の包帯交換。


 持ってきたガーゼやバンソーコーを、ベッドの上に広げて、
1人で傷の手当をしてると、
おお、なんかスパイ映画みたいだ。


 てなことで、トム・クルーズ気分で身だしなみを整えたが、
もちろんタキシードではなくジーパン姿で会場に向かう。


 集まったのは15名。


 今や、中年まっただ中で、普段は病院の診療部長とか、
クリニックの院長とか、大学病院の教授なんかやってるはずだが、



・・・・・このザマはなんだ。
L1ogcYQmUJEolgYR7T03ks3kskXL01_ks.jpg

ファンキーなヤツもクールなヤツも25年たってもピースサインの奴もいる。
31KmYLH1r47sCNBM3603ks3kskXL01_ks.jpg

オオツカ教授、ダイヤモンドリングが!
J1phNwd0qrCq0cac1o03ks3kskXL01_ks.jpg

ぼかあ、野坂昭如ではないよ。
KDsDZwd0qrCq0cac1o03ks3kskXL01_ks.jpg

あれ、オレもピースサインだった。指のホータイが痛々しいぜ。
トナリなぜか姿勢のいいスガマタ、そのまたトナリが以前当ブログに登場した寺ジイ、
そして後ろがこの会の影のボス、皇室御用達サダツキだ。

寺ジイ 「オレ、新幹線で前橋帰るから、もう行くわ。」と財布を取り出しているが、
ICJhNwd0qrCq0cac1o03ks3kskXL01_ks.jpg
お持ち帰りは禁止です。
I9phNwd0qrCq0cac1o03ks3kskXL01_ks.jpg



 見た目は若い頃から、変わらないやつ、変わったやつ、
もともとフケてたがさらに進化したやつ、といろいろだが、
話してみると、おーやっぱりコイツじゃん、と人間て変わんないもんだと思っちゃう。


 同じアパートに住んでたボクシング・マニアのサノ君が、オレの部屋に来て
「オグラ、ともかくカオサイ・ギャラクシーだけは覚えておいたほうがいいぞ。」
と、意味もなく東南アジアボクサーの名前を覚えさせられたのが、昨日のことのようだ。
pnogcYQmUJEolgYR7T03ks3kskXL01_ks.jpg

 というわけで、サダツキさん、また呼んでね。


マイケル・ジャクソン


 指が使えないのは不自由だ。

 金曜日の怪我から、左指はガーゼ巻いたまま。

 そのままでは仕事ができないので、その上から手術用の手袋をしてみた。
最初は事務の子が「指サックありますよ。」といったのだが、
あんなごつくてタイトなものできるわきゃない。
手袋も普段使ってるのは入んないので、2サイズ大きいのを使う。
 やりにくいけど、まあ、これで手が洗える。



 片手だけ手袋をして、マイケル・ジャクソンかよ。



 それにしても痛みが困る。
3日たっても触ると痛いし、何もしなくても痛くなっちゃうときもある。
特に、ガーゼやテープの締め付けが悪いみたいで、時々ずらしてみたりする。
モノに触れないように細心の注意を払って診察する。



 さて、診察が終わって、ほっと一息。
首にかけていた、聴診器をフックにかけようとした。

 その時、聴診器の胸に当てる部分が振り子のようにブーンと回って
左の人差し指の先を直撃!
その瞬間、

  「アオ!」


 思わずマイケル・ジャクソンになってしまった。


指きりげんまん

 
金曜日。
ただでさえ夏の耳鼻科はヒマなのだが、金曜日の夕方、しかも天気が悪いとあって
外来は、ほぼ時間通りに終わった。

 さて、これからプールでも行って、ひと泳ぎしてくるか。
夕食まで時間があるので、なんかつまもうと台所へ。

 沢庵の漬物の袋があったので、これでも食べるかと袋を開けようとした。

 包丁の先で袋に穴を開けようとして、あっと手が滑ってしまった。
「いってえー。」
と、見ると、左手の人差し指がバックリ。
真っ赤な血がドクドク出て来る。

 「うおー、やべえ。」

 水で流して、ティッシュで圧迫止血。

 しかし、15分押さえてもとまらない。
子供を塾に送って戻った妻に助けを求める。


 「あたし、指とか苦手で。首から上なら縫ってあげるけど。」
などとつれないことをいうので、
「ブラックジャック亀井」ことフットサル仲間の外科の亀井先生にSOS。

 何とか頼んで、時間外で診てもらえることになった。

 妻の運転でクリニックに行くと、家族全員で待っててくれた。

 「あー、こりゃ縫わないとダメですねー。血が止まんないです。」
ってことでナート(縫合)してもらうことに。


 流水で洗うと、死ぬほど痛い。
躯血して、消毒、麻酔。
あー、こええよー。
縫ったことは数え切れないほどあるが、縫われるのは初めてだ。

 「先生、傷見ますか?」
と尋ねられるが
 「見ません。」
ときっぱりひとこと。

 「がんばってくださいね。」
亀井先生の奥さんは元オペ室のナースだという。

 た、助かるかもー。


 てなことで、4針縫ってもらって、美人の奥さんに包帯巻いてもらって、無事生還しました。

 亀井先生とそのご家族の皆様、ホントにありがとうございました。
(8歳の長男のお子さんも懐中電灯もって術野を照らしてくれてました。)

 やっぱ、急患で診てもらえるって、ありがたいことだ。
今後も、ウチもがんばって、また急患診なくては、と思ったりもしました。



 それにしても、ライブのあとでよかった。
左の人差し指が怪我ではギター弾けないすもんねー。


 今度から沢庵の袋は必ず「ハサミ」で開けます。
 約束します。

 ゆーびきった。
 

日食の日


 日食見ましたか?

 何でも46年ぶり、ということは前回私は4歳だった。
うーん、全然覚えてねえ。



 しかし、朝からあいにくの天気でした。

 10時半過ぎ、副院長が診察室から姿を消す。
少しして戻ってきて
「日食、見た見た。」

 なんだ、勝手に見に行ってたのかよ。

 でも、見えるんだ。

 と、すばやく患者さんを片付けて外へ。
この時期、耳鼻科はすいてるので11時頃ちょうど患者さんがいなくなった。


 「あれー、さっきは見えたんだけど・・・・。」

 厚い雲に覆われて、どこに太陽があるかも知れず。

 しかし、しばらく待ってると
 「あ、あそこだ!」
P7220151_ks.jpg
 雲が幸いして、肉眼でも欠けてる太陽が確認できました。


 噂を聞いて、次々に出てくる職員。
手前のサクちゃんが使ってるのは、失敗したレントゲン写真のフィルム。
雲が薄くなるとまぶしいので、これが役立ちます。
(もっともウチは最近はレントゲンはデジタル化してフィルムレスなので、戸棚の奥から出してきた。)
鼻のレントゲンだから、頭蓋骨越しに見るわけだ。

 それにしても、目立つな、こいつら。
P7220153_ks.jpg

 あとでテレビ見て、トカラ列島行った人たちは嵐で大変だったそうですが、
船のツアーのほうはきれいに見られたみたいですね。


 やっぱ、皆既日食見たかったなー。
もう、生きてるうちはないだろう、といってたら次回は26年後らしい。


 26年後というと76歳かー、ビミョーな線だ。
平均寿命を考えるとギリギリだなー。
でも、無理かなー・・・。

 今日から、少し節制しようかしら。

新しいエアコン

 梅雨らしい日が続いて、ビールが美味いのはいいのだが、
湿気がすごくて、朝、犬の散歩行ったりすると、帰りは汗だく。
仕事前にもう一回着替えないといけない。
 

 さて、そんな中、先日、やっと私の部屋にエアコンが入りました。
昨年当ブログ「白くまくん」で書きましたが、
エアコン4カ年計画がついに達成されたのだ。

 まず、おばあちゃんの部屋、次の年子供部屋、昨年リビングと寝室と来た長い道のりも
今年、私の部屋と妻の部屋の2台のエアコンを新調して、ついにゴールです。


 いやー、これで夏の間自分の部屋に入れる。


 実は私の部屋のエアコンは2年前から故障して、
スイッチを入れると室外機がぐあんぐあん異常にうるさい音を出してまわるのだが、
冷風はこれっぽっちも出ないという、確実にエコに逆行する状態だったので、
昨年は、あきらめて、夏の間は自室は封印して一歩も入らず、
エアコンのある部屋で本を読んだりパソコンやったりしていた。


 ただ、一番困るのがバンドのギターの練習で、
こればっかりは他の人がいる部屋でやるわけにはいかない。

 私の場合、弾きながら歌う練習もしなきゃならないので、
ヘッドホンで音なしで、ってわけにもいかず、
窓も開けられないので部屋を閉め切って、
タオルを羽織って上半身裸で(下半身ははいてます)汗だくで練習するのだった。(おお、キモイ!)
脱水、酸欠っぽくなっちゃうので30~40分が限度。
なんか、修行とか、ボクサーのトレーニングみたいな感じです。
はっきりいって、かなり、苦しいです。



 だから、いつも練習不足で本番で失敗するのか。
いや、んー、あまり関係ないか、冬場のライブでもよく間違えてるから。




 ちなみに今年のエアコンは「白くまくん」ではなく東芝の「大清快(だいせいかい)」です。
電気代の安さで選びました。
確か「白くまくん」は日立、おばあちゃんの部屋は三菱の「霧が峰」だったすかね。

 東芝のエアコンはネーミングセンス的にはあまり「大正解」とはいえないかも。
でも、ひょっとして、寒いダジャレでさらに体感温度を下げようとするエコのダメ押しか?!


貸そうかなまああてにすな


 先日の野球選手の「首輪」についてコメントを頂きました。

 なるほど、チタンねー。

 しかし、コメンテーターのヒトがお書きになってるように、
効果は疑問ですねー。

 ちょっと調べたら、チタンってイオン化傾向大きいんだ。

 イオン化傾向と言えば、高校時代
「貸そうかなまああてにすなひどすぎる借金」
で、覚えましたね。
 おお、なつかしい。

 ちなみに
周期表は「すいへいリーベぼくのふね~」
炎色反応は「リヤカーなきK村~」
で、覚えました。

 ところがチタンは「貸そうかな~」には出てこない。
で、調べたらアルミより多きい、のでこりゃかなりイオン化しやすいです。

 ただし、体に対する反応は小さい。

 耳鼻科で金属の生体反応で問題になるのはピアスです。
当院でファースト・ピアスとしてお勧めしているのは
プラスチック、セラミックのほか金属では金、プラチナ、そしてチタンです。

 チタンは漠然とイオン化傾向小さいと思ってましたが間違いでした。

 じゃあ、何で体に対する反応が小さいかというと「不動態」を作るからのようだ。
おお、不動態というとアルミニウムとかがつくるやつですね。
これも高校時代に習ったような・・・。
残念ながらくわしいこと覚えてないがそれによって安定な物質といえるわけだ。


 とにかく、チタンは電気も磁力も持たないので、
これが、肩こり治すって本当なんですかねー。

 まあ、少なくとも服の上からでは効果ないだろうから、ファッションですね。
カッコいいと思うかどうかは、個人の趣味ですが。
チタンの腕時計つけたら腕軽くなったり、チタンのピアスで耳良くなることはないよね。

 個人的にはアクセサリーの類は、腕時計以外はブレスレッドもネックレスもキライでつけないので
あんなもんジャマくせえだろに、と思うのですが。


 これ書いてて思い出しましたが、高校時代あの周期表全部覚えたなー。
化学のH先生が
「周期表は20年前は30番目まで覚えればいいと言われてました。」
「しかし10年位前からは60番くらい覚えないとだめだということになってきました。」
「そして最近では・・・。」
そして最近では?
「最近では全部覚えておかないと大学入試に安心とはいえません。」
ゼ、全部ー!?
しかたなく、ランタノイド、アクチノイドまで100コ以上丸暗記しました。(涙)


 でも、全然入試に出なかったぞー。
ったく、Hのやろー。

 しかも「すいへいリーベ~」以外は全部あっという間に忘れた。
やれやれ。

健診終わったー

 しばらくブログサボってるううちに、ヘンなコメントがたまってた。
ほとんどがHサイトに誘導するものみたいだけど、どうやってウチに来るのか。
いろいろブロックをかけてるんだけど、ほっとくと、あっという間にたまっちゃうんだよねー。


 さて、先日でやっと春の学校健診が終わりました。

 文科省の通達で、学校は6月いっぱい、または授業でプールが始まるまでに
健診を終えなきゃいけないらしい。

 学校によって、4月にやってくれ、ということもあるが、
耳鼻科的には4月にやるとスギ・ヒノキの花粉症の子が多く、
本当は、避けたいところだ。
5月もカモガヤの花粉症があったりするが、
この時期になると大分、落ち着いていて好都合です。


 それにしても、健診は大変だ。
大体、1時過ぎに出かけていって、約300人を診るわけです。
3時からは外来なので大忙し。
今年は最高350人を1日でという中学があり、午後の診察の時はへとへとでした。


 最終日は、高校でした。

 高校生は、楽なのだが、男子校生ばかり300人も診るのはうんざりする。
なぜか、私は男子校ばかりもってる。
1校はわずかの女の子もいるが、もう一つは完全に男だけ。

 合計で男子高校生。1500人ほどを診なきゃいけない勘定だ。


 さて、今回の学校、スポーツが盛んなので運動部の子が多いようです。


 一見して何の部活やってるかわかる子たちがいます。


 それは「レスリング部」です。

 レスリングや柔道などの床の上でやる格闘技は耳がこすれて
皮下に血液や水がたまりやがて硬くなって
いわゆる「カリフラワー耳」になります。

 しかしこの耳、健診がやりづらい。
外耳が硬くなって、鼓膜が見にくいのです。

 高校生で外耳が変形するまでの子は少ないはずですが、
この学校は全国でも強豪みたいで、そんな子がゾロゾロいます。

 まあ、やりづらいったって、そんな大きな問題ではないんですけど。
お、この子、レスリング部だな、というのがわかっちゃいます。



 もう一つ、よく分かっちゃう運動部員。

 野球部です。

 あー、坊主頭でしょ。

 いやいや、それだけじゃなく、最近は、もっとわかりやすい。

 野球のユニフォームの下に着るような、濃紺のシャツ。
最近はポリエステルみたいな素材でハイネックになってます。

 なぜかみんなこれを制服のワイシャツの下に着ています。

 あのまま運動するんだろうか。
練習のあとは着替えるのか。
野球部の方針なのか、ただのファッションなのか。

 小さな疑問は、いくつも湧いてきます。


 そーいや、プラスチックのイヌの首輪みたいのしてる子も野球部に多いっすね。

 ありゃ、何だ?

 大人でゴルフオヤジみたいなタイプのヒトも結構首にかけてるけど、
なんか磁石でも入ってて血行が良くなる、ってヤツかなあ。
誰か、知ってる?


今年のテーマは「インフルエンザ」


 えー、もうちょうど1週間前になりますが、
友愛幼稚園で講演を行ってきました。


 昨年も同じ時期にお話をさせていただきました。
昨年のブログ「幼稚園でお話をしました」をみると
去年も前日にフットサルやって、二日酔い気味で行ったのか・・・。
オレ、進歩してねえなー。

 心配された腰痛も何とか。

 司会の方にいきなり「浦和レッズサポーターの小倉先生です。」
と、紹介されてしまった。

 今年もたくさんのお母さん方(お父さんもいたけど)が参加してくれました。
P6030090_ks.jpg

 今回のテーマは「インフルエンザのお話」です。
友愛幼稚園のPTAで、今は市長もやってる大豆生田さんから電話で講演依頼を受けたとき、
今年は何の話をしようかと考えましたが、
タイムリーな話題としてインフルエンザを選びました。


 依頼されたのが、ちょうど、国内で新型インフルエンザの患者さんが出た時期で
テレビ、新聞は毎日のようにトップニュースでインフルエンザのニュースを伝えていました。

 マスコミも国民も不安や誤解や憶測が蔓延していたので、
ここは一つ、正確な知識と情報を伝えるのが、専門家の使命、と考えたわけです。

 そもそも、この冬、もっとも多くのインフルエンザを診断したのは
足利市内では、ひょっとしてウチなんじゃないかと思われますし。


 ただ、そう決めてから、一つ問題点に気づきました。

 旧型はともかく、新型インフルエンザについては、
日々刻々状況が変化するので、
最新の知見を取り入れるためには、
あらかじめスライド原稿を作っておくことができないことです。


 しかし、じきにもう一つのことに気づきました。


 もともとオレ、スライド原稿作るの、いつもギリギリ直前じゃん。


 学生時代の試験勉強も手をつけるのは、いつも直前。
ただ、あれとあれとあれをやって、とかは前から準備し、
いよいよとなってからガーッとやるタイプです。


 「今日できることは今日のうちに」
という人もいますが、
学生時代から私のモットーは
「明日で間に合うことは明日やる。」
です。


 それで、この1ヶ月、毎日話すネタを、あーだこーだ考え、
ニュースや新聞を読んで知識を蓄え、
インターネットで情報を集め
結局、直前の日曜日にほぼ1日で、50枚のスライドを作りました。


 しかしパソコンが突然ぶっ壊れたりしたらどーすんだ。
我ながら、危ない橋渡ってますね。


 まあ、無事間に合ってよかったです。



 さて、せっかくスライドをつくったので、
この話、他の幼稚園、学校、企業、研修会なんかでやってもいいかなーと思います。
呼んでいただければどこでも行きますぜ。

半世紀の男



 さる13日は、私の50回目の誕生日。


 んー、50歳か。
半世紀の男、っていうとなんかすごい。

 それにしても、忌野清志郎氏は58歳で死んでるし、
ゴジラ映画で有名な俳優の平田昭彦氏は56歳で死んでるし、
ウチの親父死んだのは57歳だったし、オレはあと何年生きるのかしら。



 さて、この時期は毎年、日本耳鼻咽喉科学会の総会があります。

 例年は学会参加のため、毎年一日くらい休診にさせていただいて、勉強してくるんですが、
今回は会場が東京、ってことで、まる一日休診にするのも申し訳ないので、
昨日木曜日の午前中だけ休診ってことにさせていただきました。


 朝早起きして出てって、昼帰ってくるのも大変なので、
前の日水曜日が半日なのを利用して、夕方東京に行き、
直接会場となっているホテルにチェックインして、翌朝9時から午前中の講演だけ聞いて
午後1時10分の浅草発で帰ってきて、午後3時から診療、というスケジュールにしました。

 別に学会場以外に行く時間も無いのですが、
会場のホテルのすぐ近くに東京タワーがあるので夕食のあと、妻と二人で歩いて行ってみました。


 おお、東京タワーなんて何年ぶり。
しかも夜来たのは初めてです。
P5130103_ks.jpg
ライト・アップされてきれいです。
思わず遠藤賢二の「哀愁の東京タワー(テクノ編)」を、心の中で口ずさんでしまいます。


 中に入ると、季節柄、修学旅行生がいっぱい。
「八戸市立○×中学の方は集合時間ですので、バスにお戻りください。」
なんて、アナウンスが流れてます。

 うーん、こいつらきっと東京タワーのキーホルダーとか、
東京タワーつきキティちゃんの携帯ストラップとか買っただろーなー。
それとも、展望台でメダル買って、名前刻印したりして。


 せっかくですから、エレベーターで展望台に上ってみました。

 予想してたけど、やっぱり思ったより低い。
子供の頃上った時は、わーすっごく高い、と思った記憶はあるが、
今は高い建物はいっぱいありますからねー。

 しかも、夜景もきれいなんだけど、ここら辺で一番きれいなの東京タワーなんで
逆に上っちゃうと見えないわけだ。


 ・・・・・そういえば。

 今を去る20年ほど前、妻と私は新婚旅行でヨーロッパに行きました。

 最終日がパリで、やはり夜に二人でエッフェル塔に上りました。
「あ、あれが凱旋門だね。」
「セーヌ川に船が浮かんでる。」
「あっちのほうがモンマルトルの丘なのかなー。」
と、そこで、おもむろに妻が
「ねー、エッフェル塔は、どこかしら。」
「・・・・・・!?」
「目立つはずなのにねー。」
「・・・、いや、エッフェル塔は、その、ここだから。」
「!!!」

 この女と結婚して大丈夫か、と思いましたが、どうにか今まで仲良くやってきています。
(実は、この話は妻に封印されてたのですが、ついに書いちゃいました。)



 翌日は、午前いっぱい、学術講演を聴いて、
「りょうもう号」の中で駅弁でお昼を済ませ、無事午後の診察に間に合いました。
しかし、100人もの方が来院されて大変でした。


 さて、50歳。
 今後も、早死にしないように、がんばります。




««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング