スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステロイド、セレスタミンに対する質問

 
 先日、またコメント欄にご質問いただきました。



 一般閲覧不可なので、転載はしませんが、
5歳のお子さん(アトピーあり、喘息でキプレス、キュバール使用中、入院歴あり)が
副鼻腔炎の加療中であったと。




 最初3カ月はマクロライド少量長期療法していたが
1月の風邪をきっかけに悪化、
その後家族にコメントなくセレスタミンシロップが
処方に追加され体重増加、顔がパンパンになったとのことで、
ステロイドの使用がわかり中止したという経緯です。




 コメントの方はステロイドの使用で、
心配になったとのことです。





 うーん、こりゃ、難しいですね。




 いろいろ問題にする点もありますが、
今回はステロイドとセレスタミンの話題で行きましょう。




 一般にステロイド剤というと副腎皮質ステロイドの事なので、
それに限った話をします。
(ドーピングなどで問題になるアナボリック・ステロイドは関係ありません。)




 副腎皮質ステロイドは副腎から分泌されるホルモンで、
誰でも体内に持っています。



 ステロイド剤は強力な抗炎症作用や免疫陽性作用を持ち、
アレルギー性疾患、膠原病、神経細胞の修復、臓器移植時等々
さまざまな疾患に使用されています。





 耳鼻科領域だと突発性難聴や顔面神経マヒの症例には
特別な事情が無い限りほほ100%使われます。





 しかし、ステロイドという薬、
これが、なかなか使い方がムズカシイ。




 ちなみに代表的なステロイドである
プレドニゾロンの添付文書における用法用量を見ると
「通常成人には1日5ミリグラムから60ミリグラムを
1回から数回に分けて内服、症状、年齢に応じて適宜増減」
とあります。





 普通は
「1回に1錠を一日3回に分けで服用」
などと書いてあるのが普通で、
せいぜいその半分とか倍量になるくらい。




 しかし、5ミリから60ミリでは10倍以上の差があるし、
実際にはもっと少ない量を隔日で飲んだり、
逆に100ミリをドーンと使う用法もある。





 こんな薬は他にはないです。




 基本的に用法はお医者さんの裁量でなんでもあり、
ただし、副作用の関係でむやみに使うわけにはいかないのだ。





 短期的には、胃腸症状、便秘あるいは下痢、食欲増進、
血圧上昇、糖尿病悪化、易感染性、
長期的には若年者の成長障害、骨粗鬆症、中心性肥満、胃潰瘍、白内障など多彩で、
中には不可逆的、重篤なものも多い。




 でも、使い方によっては、これしかない、
というくらい有効な薬なので、
ここ一番に使う事は大いにアリなのだ。




 ステロイドを上手に使う、
というのはある意味医者の技量の見せどころともいえる。





 コメントの方はお話からアレルギー体質がかなり強そうなので、
「通常兵器」では無く、ステロイドが使われたんでしょうが、
残念ながらこればっかりは第3者には使用の適不適は判定できません。





 ステロイドと聞いただけで過敏に反応する方が
たまにいらっしゃるが、それはマスコミの悪い影響ですね。





 まあ、今回ステロイドの説明が無かったのは問題かもしれませんし、
2カ月近くというのはギリギリちょっと長いかなあ、という気がします。





 ワタシだったら多分出しませんが、絶対出しちゃダメかっていうと
そうとも言えない。





 あえて難治例にお医者さんが大丈夫と考える線を
勝負をかけて狙ったのかもしれません。





 ところでセレスタミンという薬です。




 これはベタメサゾンというステロイドと
抗ヒスタミン薬の合剤です。




 ステロイドの強さをはかるのによくプレドニゾロン換算をしますが
セレスタミンのステロイド量はプレドニゾロン2.5ミリ分です。





 少ない量ですので単発的に飲むにはまず問題ありませんが
数カ月にわたると副腎抑制をきたすと言われています。





 ただ、合剤ゆえ、これをステロイドと説明しないで
処方される先生は時にいるようですが、
ワタシとしては説明すべきだ、と思います。





 今回のトラブルもここにあるかもですね。




 あるいは話したつもりになって忘れちゃったのかも。
院外処方なら薬局で説明があるはずですから院内処方だったんですかね。






 キュバールもステロイドですが、
吸入薬なので全身的にはステロイドの影響は問題ないと思います。





 同じく、最近の点鼻薬である
「アラミスト」「ナゾネックス」「エリザス」も
全身的な副作用を気にせず安心に使えるステロイドです。





 そんなわけで、ことステロイドに関しては
画一的な事がいえませんので
今回の件に関しては明確なコメントは差し控えます。




 ただし、花粉症の治療に
ステロイドの筋注をしたり、セレスタミンだけを
1か月も2カ月も飲むというのは
明らかに正しくないと思います。





 うーん、何となく答えになってねー。






 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。










 
スポンサーサイト

オリンピックで無くてもいい競技



 んで、そんな国民栄誉賞の話を書いたら、
なんと、オリンピックでレスリングが外されるかも、という話。





 吉田沙保里選手、圧倒的な強さで国民栄誉賞もらったけど、
強すぎた(?)




 別に、ヨーロッパ優遇の措置では無いと思うが・・・。





 過去、一度もオリンピックから外れた事が無い競技は
陸上、競泳、体操、フェンシングのみらしい。




 レスリングは、過去、我が足利市出身の選手が金メダルをとったこともあるし、
オリンピック的な競技だなあ、と思ってたのでちょっと意外ですね。





 テコンドーとか入ってるのに・・・・。




 昨日、スイミングで一緒になったヒトが
良い提案をしてました。





 オリンピックで代わりに無くしてもいい競技は何か?






 それは、・・・・・・・・サッカー!





 なるほどー。





 オリンピックのサッカーは年齢の問題で
トップの選手は出られないし、
いわゆるサッカーの強豪国はオリンピックは軽視してるので
たとえ23歳以下であっても一流選手は出ない場合が多い。





 男子サッカーは何といっても1にワールドカップ、
2にクラブチームなので、オリンピックで勝ったところで
たいした栄誉は無いのだ。






 オリンピックのサッカーの権威は
同じ年に4年おきに開催される
ヨーロッパ選手権にはるか及ばない。





 一方、レスリングを志す人にとっては何といっても
オリンピックが世界の頂点であろうから
これをなくしちゃうのはマズイでしょ。





 そしたら同じ意味で、野球やバスケ、テニスなんかももいらないなあ。
(女子サッカー、女子バスケは除く。)





 まあ、実際問題としては、
オリンピック委員の力関係とか、
入場料収入の関係、
スポンサーのカネ関係(?)などで、
競技人口の極端に少ない野球はともかく、
サッカーつぶすのは難しいでしょうが。





 でも、いちサッカーファンとして、
この意見にけっこう賛成です。




 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。












国民栄誉賞


 ちょっと前になるが元横綱の大鵬氏が亡くなった。




 子供の頃から現在までお相撲には全く興味ないワタシだが、
さすがに大鵬は知ってる。




 ちなみに野球も興味ないので、
良く言う「巨人、大鵬、卵焼き」の中で
ワタシが好きだったのは卵焼きだけでした。




 さてその大鵬氏に国民栄誉賞を贈るかという話。




 その後どうなったかは知らないが、
ともかく「死んでから贈るのでは遅い」!




 人間、死んだらお終いです。





 人間を含む、生物はそもそも炭素を含む元素が
一定の秩序で集合してるモノにすぎない。





 しかも、それを人間たらしめているのは、
脳という部分のニューロン間の微量な化学物質や電気信号の
やりとりによるもの。





 死んじゃえばそういった現象は消滅し、
元素はばらばらになってまた地球上の別の構成成分になるので
生命は消滅してしまう。





 魂とか、霊魂とか、天国とか、
そういったものは生きてるヒトの頭の中にあるイメージ、
実態のない想像上の産物だ。





 死者を弔って、故人もうかばれた、とか
きっと天国で喜んでいるだろう、
なんてのは生きてる人の間だけの満足である。





 さて、国民栄誉賞第1号は
ご存知元巨人の王貞治氏である。




 その後、さまざまなスポーツ、芸能関連のヒトに贈られ、
こないだはなでしこジャパンにも贈られました。




 ところでその初代受賞者の王氏とともに
当時人気絶頂だった巨人軍の2枚看板だった長嶋茂雄氏には
国民栄誉賞送られていないのだ。





 だから、もし、長嶋茂雄氏が死んだときに、
国民栄誉賞を贈るか、
なんて話が起こるくらいなら、
生きてるうちに贈りましょう。





 せめて、本人に
「あなたが亡くなったら政府は国民栄誉賞を贈ることを決めました。」
と伝えてあげれば、
本人も喜んで「内定パーティー」くらい開けるかも。




 まあ、ワタシ好きだったのは「卵焼き」だけだったので
個人的にはどーでもいいんですが。


 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。












にゃんにゃん物語11



 さて、我が家(?)のニャンコたちは
冬の寒さにめげずほぼ毎日朝ごはんを食べにやってきている。




 前回「にゃんにゃん物語10」は7月の記事だった
クリックしてご覧ください⇒にゃんにゃん物語10






 その後「コパン」はどっか行っちゃったが
「チャトラ」「クロトラ」「ミミシロ」「ミミクロ」
の兄弟は順調に大きくなった。




 実はもう昨年の暮れの事だが、
ちょっとした「異変」があった。






 おはよー、今日はいつもやんちゃな「チャトラ」くんだね。
「ミミシロ」「ミミクロ」は来てないか、

2012-10-25 (13)



 そして「クロトラ」とこっちに・・・・・「チャトラ」?
2012-10-25 (11)




 「チャトラ」が2匹いる!
2012-10-25 (1)




 まさか、個体分裂したわけではないので、
「チャトラ」は2匹いたのだ。




 この半年、1匹づつしか現れなかったが、
ひょっとして、いつからか2匹が交代で来てたかも??




 しっかし、キミたち体の模様の色合いや体型、大きさ等
ホンっと、よっく似てるわ。
003_20130211200356.jpg




 アップで見ると耳の形などビミョーに違うが
おでこの模様もほとんど同じ。
2012-10-25 (15)22012-10-25 (11)2



 しかし、性格は全然違う。




 向かって左の方は、真っ先に飛び出してきて
縁側まで上がり、えさの袋にちょっかいを出すやんちゃ坊主。





 一方右は控え目で、おっとりして
絶対家には上がってこない慎重派。






 おそらく前者が当初からいた方だと思われ
「チャトラ1(ワン)」、後者が「チャトラ2(ツー)」と
呼称されることになった。




 やっぱ、こいつら兄弟だよな、どう見ても。




 いつから入り乱れていたんだろうか。




 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




花粉症の注射について


 いつもブログご愛読いただきアありがとうございます。



 また、温かいコメントを頂く方にはさらに感謝です。




 さて、先日の記事に関してのコメントに
チラッと「花粉症の注射」に関する
お話がありましたので、ここで捕捉させていただきます。






 花粉症を含めたアレルギー性鼻炎に対する
ステロイド局注は大変危険ですので、
絶対おやめください。





 以前も、このブログでとりあげた事ありますが
ずいぶん前でしたね。

注射」←クリックしてご覧になれます。




 海外では重篤な感染症になった事例もあるとの事ですし、
命にかかわらないまでも筋注部位の筋肉が委縮するので、
注射部位の肉がえぐれたように陥凹することはかなり多いようです。




 脂溶性のステロイドなので、いったん注射しちゃうと数カ月続くので
途中でなんかおこった時に中止できない、
というのも困る点です。




 若年者では成長障害が、高齢者では骨粗鬆症、高血圧、糖尿病の悪化が懸念されます。




 眼圧上昇、女性の方は不正出血等々、
他にも色々な副作用があり、
もちろんガイドライン的には「禁忌」です。




 最近では、鼻粘膜にこのステロイドを注射する病院もあり、
九州で1件、近畿で数件の失明の事例があり、
耳鼻咽喉科学会の医事問題委員会からの注意喚起が出ているところです。




 花粉症の治療で、失明しちゃったのでは、
わりがあいませんね。




 くれぐれもご注意を。




 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




アレルギー性鼻炎、花粉症のトピック



 なぜか数日間、ワタシのパソコンがインターネット不通になってしまった。



 病院のパソコンやいiPadに関しては大丈夫だったので、
概ね日常生活には影響ないが、
ブログ更新が滞ってしまった。






 先週のガッツの結婚式からさかのぼること3日。





 ワタシは足利や佐野の耳鼻科や内科、小児科の先生が集まる
さる講演会で座長を仰せつかった。





 座長というのは、ま、学会の司会進行役である。




 その日のメインの特別公演は
福井大の耳鼻咽喉科の教授である藤枝先生の講演であった。





 アレルギー性鼻炎の分野では日本の権威であり
ワタシの尊敬する先生の一人である。




 開会前の打ち合わせや、終了後の懇親会で
いろいろお話させていただき光栄でした。

008_20130204142816.jpg
 全くガッツの結婚式を含め1週間で2回もスーツ着ちゃった。
(実はこの研究会の協賛で開会前に「製品紹介」をしてたのは、
結婚式を2日後に控えた添野君その人でした。
オレもガッツも普段はまじめに働いているんだよ。)



 なんてったって、この先生の講演は面白い。




 ユーモアやウイットに富み、
専門的な話を実にわかりやすくお話しされる。





 大体、ムズカシイ話を難しく話す事は誰でもできるのであって、
ムズカシイ話を簡単に説明できるのがホントに頭の良い人だと常々思っている。




 しかも、世の中には簡単な話を、
あえて難しく話すアホウどもが多くて困る。





 特に、政治家とか、お役所からの書面による連絡、通達とか。






 学校の先生にもいたなあ。






 やや、話それましたが、
その夜もいろいろ藤枝先生にタメになるお話伺いました。






 その中でニュースを2つ。






 以前「減感作療法」といわれていた、毎週アレルギーの原因物質を注射していく
いわゆる「体質改善」の方法。






 藤枝先生をはじめとした研究グループの努力によって、
注射でなく「舌下」による免疫療法が
いよいよ日の目を見そうです。






 今シーズンの花粉症には無論間に合いませんが、
ワタシも勉強してそのうちこのブログで詳細をお知らせいたします。





 9月に藤枝先生が主幹となる日本鼻科学会が開催されますので
是非詳細を聴いてこようと思っています。





 注射せずにできるなら、免疫療法の適応も
ぐっと広がるはず。





 あと、もう一つ、これは「おまけ」としておっしゃってましたが、
いろんな民間療法のうち、
これまでは「ヨーグルト」以外は効果が無い と言われてましたが、
最近の研究により「甜茶」の効果も実証されたようです。






 毎日とることにより、アレルギー性鼻炎に効果あり、とのことですが、
もちろん甜茶飲んでれば花粉症出ない、というわけにはいきませんので、
くれぐれもご用心くださいね。




 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。












 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。