スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小児副鼻腔炎の治療について

 こんにちは。



 全国1000万のサッカーファンの皆様、
帰って来たドクターおぐぐの耳鼻科相談コーナーです。



 今日は、こんなお便りを頂いたよっ。




こんにちは。抗生剤のことで悩んでいて、こちらにたどりつきました。5歳の女の子ですが、2月に副鼻腔炎と診断され、4か月たった今も抗生剤を飲み続けています。発熱や痛みはありません。鼻水はほんとにたまにでますが、透明のサラサラです。

鼻は時々詰まりますが、鼻水はほとんどでていません。
最初にレントゲンを撮ったきりで、ずっと飲み続けていることに納得いきません。
主治医は大丈夫大丈夫と言うのですが、本来4か月も抗生剤を飲み続けても大丈夫なのものでしょうか?しかも途中経過の検査もせず出し続けるものなのでしょうか?
まだ小さい子供ゆえに心配です。
ちなみに薬はリカマイシンです。






 イントロはふざけてましたけど、
いや、まじめにお答えしますんで。



 さて、5歳児の副鼻腔炎です。




 副鼻腔とは、鼻の周囲にある鼻腔と連続した空洞で、
大体、3歳~4歳くらいから形成されてきます。





 したがって、赤ちゃんの副鼻腔炎は原則的に無いわけですが、
幼児期や学童期は風邪に続発して副鼻腔炎を起こすことはよくあります。





 軽いものは薬など飲まなくても自然に、
または良く鼻をかんでいれば治ってしまう事が多いですが、
中には治療をしてもなかなか治らない例があるのも事実です。




 難治性の原因としては、
花粉症を含むアレルギー性鼻炎の存在、
風邪をひき易く感冒を反復する子、
鼻を上手にかむことが不得手のお子さん、
鼻腔に耐性菌が常在している場合、
等々があります。




 風邪のあと1~2週間たっても膿性の濃い鼻汁が続いたり、
咳や痰が特に起きぬけ、寝入りばなに多ければ、
副鼻腔炎を疑いレントゲンを撮ります。




 レントゲンで副鼻腔炎が確認されれば、
一定の流れで治療を行います。





 急性期には殺菌的な抗生剤を用い、
症状が改善してもレントゲン所見が残るようであれば、
一般的にはマクロライド少量長期療法を行い、
自他覚症状を見ながら3か月を目安に投薬をします。




 さらに難治性のものについては、
プレッツ置換法と言って、副鼻腔に直接薬液を入れる治療を行います。




 一般には副鼻腔の成長期である幼児期、学童期には、
副鼻腔炎は保存的療法で、よく治る場合がほとんどで、
手術をすることはまずありません。




 通常は1カ月前後でレントゲンを撮り、
治っているかどうかを確認します。





 ただし、親がみてほとんどハナが出なく症状がないと思っても、
耳鼻科医が鼻の中を覗くと、
奥の方に膿性の鼻汁が流れてきていることはよくあるので、
この方の場合、お医者さんが所見から見てまだ治ってないので
レントゲンを撮る時期で無いと判断しているのかもしれません。





 4カ月程度はマクロライド少量で経過を見ることはあります。





 マクロライド系の抗生剤を常用量の半分以下で使うので、
漢方薬的な作用で、抗菌作用を発揮しないので、
3,4カ月飲んでもそれほど問題はありません。





 ただ、一般的にはそろそろ何か次の手を打つ時期だとは思いますが。






 そして、ちょっと気になるのが薬の種類です。




 リカマイシンを使用とあります。






 リカマイシンは確かにマクロライド系の抗生物質ですが
一般的には少量長期療法に使われる薬剤では無いように思います。






 実は同じマクロライド系と言われる抗生剤の中でもいくつかのグループがあり、
その構造式から
14員環のクラリス、クラリシッド、エリスロマイシンと
15員環のジスロマック、
16員環のリカマイシン、ジョサマイシン等
に分別されます。





 これらは、すべて同じマクロライドなので、
抗菌スペクトル(どんな菌に効くか)などは
どのグループもほぼ同様の傾向を示しますが、
少量長期療法での効果が確実であるのは
14員環のグループだけだと思います。





 ひょっとして私が不勉強なだけで、
最近、新たに16員環マクロライドにも
同様の効果が証明されたというデータが発表されたのかもしれませんが・・・。





 薬剤アレルギーとか内服した時の味の問題で
次善の策としてリカマイシンを選ばれたのかもしれませんし、
現場の事情が分からないので何ともそれ以上はコメントできませんが
効果が不十分な可能性もあるのでは。






 もちろん副作用の面では、少量療法なら4カ月程度で何か重大な障害が出る、
という事は無いはずなのでそちらはご安心いただいてもいいと思います。





 しかし、4カ月経つのであれば、
どちらにしろ現在の状態と今後の見通しについて
主治医の先生にご相談されてもよろしい時期なのではないでしょうか。





 少なくとも一回レントゲン撮って、
治っていないまでも改善があるのかないのかは
確認してもいいのではないかと思います。






 そこで、ご質問に対するお答えとしては、
マクロライドの少量長期については4カ月程度飲むことはあり、心配はないが、
そろそろ何か検査をして治療方針を再検討する時期に来ているかも、
というのが、現時点でお伝えできる私の個人的見解です。




 あくまでも一般論であり、
実際にはここにいろんな条件、状況が加味されるので、
この通りに進まない事はよくあります。





 どうぞお大事にしてください。



 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。










スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます

とてもとても丁寧なご説明ありがとうございます。1記事としてとりあげていただけて感謝です。
とてもよく理解できました。先生の病院が近くにあったらよかったのに。。。と思ってしまいました。
クラリス、クラリシッド、エリスロマイシンはそんなにおいしくないお薬なのでしょうか。特に薬物アレルギーもないので、味の点でリカマイシンにされたのかはわかりませんが、先生のおっしゃるようにもう4か月経つので、レントゲン検査をしてもらえるように言ってみようと思います。本当にありがとうございました。

Re: ありがとうございます

はちのすけ様
勝手に記事にしちゃってスイマセン。
どうぞ、お大事にしてください。

ちょっと教えてください。
急にスイマセン。小児副鼻く炎で検索してたら見つけちゃいました

4歳の子供が副鼻腔炎と診断されて早半年以上
黄色いドロッとした鼻が出たり出なかったりという感じなので
酷くなる時にだけ病院へと言った対応をしています。

あまり私に知識がなく、薬が終われば(7日分)終わりと思っていて
後は、自然に任せて…
最近鼻水でないね♪あぁ治ったのかな?といった具合です

風邪ひきになると、一日目から黄色い鼻水が出だすと言った感じです

一時期は副鼻腔炎が気になり、鼻水が出るとすぐに病院へいっていたのですが
行きつけの先生は副鼻腔炎には触れず、
「はい!風邪だね。たんと鼻水、
咳の薬出すね」

私「あの~前に副鼻腔炎っていわれたんですが…」
と言うと
「ちゃんとその薬に副鼻腔炎にも効くの入ってるからね♪」

という感じで軽い対応だったので、私があまり深刻には考えていないんですが…

また鼻が出だして酷くなったら連れていくと言う対応でいいのでしょうか?

それと、お義母さんから通っているプールはもう辞めた方がいい!副鼻腔炎の原因だと言われたのですが
プールとの関係ってあるのでしょうか?子供も楽しみで行っているので、出来たら辞めたくないんです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。