スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者のタイプ



 梅ちゃん先生は国試に合格し何科に進むのかと思ったが、
予想通り(?)内科でしたね。



 耳鼻咽喉科はないかなあ、と思ったけど
やっぱりありませんでした。



 ドラマではよく天才外科医なんかが主人公になるし
ERみたいに救急救命なんかの先生も取り上げられる。



 医療ドラマの元祖ベン・ケーシーは脳外科医だし
この間は藤原紀香さんが産婦人科医を演じていた。



 白血病と戦う子供を救う小児科医や
孤島でへき地医療を行う内科の先生なんかも
ドラマになるのに。




 何で耳鼻科は取り上げられないんじゃあ。
(ちょっと地味だからなあ、ホントは結構大変なんだけど。)




 「ロックな耳鼻科」がドラマ化されない限り無いのか・・・・。





 医学部に入り何科の医者になるかは、
もちろん本人の自由で
成績にも関係なく、通常は試験もないので、
なりたいものになれるわけです。




 すると診療科によってその科を選ぶ人に
ある程度の傾向が出てきます。





 例えば外科を選ぶ人は積極的な性格であるとか
眼科は割と細かい人が多いとか
神経内科は理屈っぽい先生が多いとか
脳外科はけっこうプライドが高いとか。





 たくさんのお医者さんが集まる学会場などに行った時
自分の専門科の耳鼻咽喉科の学会と
例えば内科など他の科の先生も来る学会などを比べると
ああ、こーいうタイプは耳鼻科にはいないなあ、
という先生を見かけることが良くあります。





 だいたい妻も同じ印象を持つようです。
 




 耳鼻科の先生方は一般的にいうと
温厚で自己主張が控えめ、
手先が器用で細かいことが得意、
というタイプが多いように思います。




 あまりギラギラした人は見かけませんし
太っている人が少ない傾向もあるような気がします。





 手前味噌で褒めてるみたいですが、
多分、かなり当たっているような気がする。






 まあ、どんなものにも例外はあるので全部が全部、
という事はありません。





 ともかく一般的には耳鼻咽喉科医は
悪人は少ないが、小者(コモノ)が多い といえるのでは
ないでしょうか。






 内科の学会にいくと例えば
キンキラの指輪いっぱいはめて、
でっぷり太ってやたら態度のデカイ
まるで土建屋の社長かマフィアのボスのような
おお、こいつくせ者だ、っていう雰囲気の人が時々いるもんですが。





 もちろん医者という職業はマジメな先生方がほとんどだし、
人は見た目では判断できませんから、
そういった先生でも実際は献身的な臨床医
だったりする場合もあるのでしょう。





 学会に来て勉強しようなんて先生は
そもそも真面目な医者のはずだし。





 でも、本当に見た目通り悪徳医者もいるかも。





 まあ、内科は間口が広いので、
いろんな人がいるんでしょう。





 
 医学部でも勉強ができて真面目な成績トップの奴は
内科に行くんですけど、
逆に何回も試験落ちて
大丈夫かいな、コイツ医者になれんのか?という奴も
やっぱり内科に行くんです。






 内科は何しろ人数が多いし
専門も消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、
血液内科、神経内科、内分泌内科等々、
いろいろあるのでその辺でも
さまざまなキャラがあるんでしょう。







 ところで、そもそもオレは耳鼻科医としては例外なのか?
どっちかというと自分は自己主張をするタイプ
と思われている事が多いみたいので。
ロックな耳鼻科だし…(^_^;)
(自分では意外と控えめな方だと思っているんですが…、違う?)






 それよりワタシの場合、耳鼻科うんぬんよりすでに見た目で
医者らしく無い、と言われることも多く、
これは勝手に「ほめ言葉」と都合良い解釈をしております。






 そういや、うちのバンドのドラムの皮膚科医の
ヘアスタイルはモヒカンだなあ。
(もちろん彼はワタシが知る限りもっとも優秀で勤勉な皮膚科医です。)





 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。









スポンサーサイト

コメント

いや先生、思わず吹きだしてしまいました
(リアルにあのセンセイ?などと思ってしまったりして…)
正に言いえて妙!

先生には今やすっかり馴染ませていただいておりますので、
忘れてましたけど、
…初対面のときにはそれはそれはショーゲキでしたねー(笑)
  失礼しました

学会場などで、初対面の人々にジロジロ・・見られて困ってます。

Re:コメントありがとうございます

野口センセイ
きっと学会場では病院勤務医なんかが、
「見た、見た?」
などとお互いに噂にしていることでしょう。
いとおかし。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。