スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パープルとヴァイオレット



 セクシャル・バイオレットというより、
元ファニー・カンパニーと言った方がワタシなどにはインパクトのある
桑名正博氏が、脳幹出血で生死の境をさまよってるちゅうニュースに
心を痛めていたら、とんでもない訃報が飛び込んできた。




 元ディープ・パープルのジョン・ロード氏、死去。



 かねてから膵臓がんで闘病中であったジョン・ロード氏は
2012年7月16日肺塞栓症のためロンドン市内の病院で死去。
享年71。





 うう、死んじゃったんだジョン・ロード。




 およそロックファン、もしくは元ロック好きなんてヒトの中で、
ディープ・パープルを聴いたことがないヒトは皆無であろう。




 我々世代だと、まずビートルズを聴いて洋楽にハマる。




 そして次にディープ・パープルを聴いてロックファンになる、
という図式があった。




 ここで、エルトン・ジョンやジョン・デンバー方面に行くと
いわゆるポップス好き、で終わっちゃうんだけど。






 特にディープ・パープルは日本での人気が高かった。





 よく比較されるハード・ロック・バンドの大物レッド・ツェッペリンと比べると、
その点は顕著である。





 ディープ・パープルの持つ、妖しい、ウエットな感じが
日本人の好みに合ったのだと思う。




 当時のギターキッズの間では(ワタシも含めて)
リッチー・ブラックモアのテクニカルなギターが
人気と話題の中心であったが、
まさにそのパープルのスタイルをつくったのは
キーボード担当でリーダーのジョン・ロードのセンスであったと言っていい。







 特にバッハを敬愛するジョン・ロードが、
ロックの世界にクラシックのエッセンスを持ち込み、
革新的な独自の世界を展開したことは
のちのロック・ミュージックの流れ、
特にハード・ロックからヘビイ・メタルに至る分野において
はかり知れない影響をもたらした。






 またまた、一時代を築いたロック・スターがこの世を去ったが、
年齢的にこれからこういうニュースは年々増えるわけだなあ。




 


 合掌・・・・。



 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。