スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親知らず、ついに・・・・。


 先週、まだ、お盆のお休みに入る前の事である。



 金曜日の未明はオリンピック女子サッカーの決勝戦で、
早起きし、寝不足のまま夜は北朝鮮飯店の例の公開練習があって、
そのあと激しい飲み会になって、
2次会まで行っちゃって、
それでも土曜日はお盆休み前の最後の診察日だから
頑張って起きたが、ナンカ変だ。




 寝不足と疲れで体がやや重いものの二日酔いは無く、
でも、なんとなく・・・・、
これは・・・・、奥歯の痛み!?





 記憶力の良い読者の方は覚えておいでかと思うが、
実はワタシ、親知らずにバクダン抱えてたのだった。





 記憶力の悪い読者の方はこちらをクリックしてご覧ください
⇒「疑惑のムシ歯




 実はあの後、このブログを読んだ方やら、周囲のヒトビトに
少しの励ましの言葉と、数多くの 脅しの言葉 を頂いた。




 やれ一週間は何も食べられないだの、アゴが腫れてしばらくは上手くしゃべれないだの、
痛み止めや麻酔なんかあんまり効かないぞだの、デッカイ穴があいて血が止まらないだの、
看護婦さんに手足を押さえられるだの、お産より大変だの・・・・・・。




 皆さま、自分の経験や聞いた話などの実話体験をもとづいて、
(あるいは、10倍増しくらいに膨らませて)
熱心に説明、解説をしてくれました。




 で、最後に必ず、




 大変だけど、頑張ってね、ふふふ。





 と、不気味な微笑みを浮かべるのでした。




 すっかりビビったワタシは、ライブやら講演や旅行やら、
いろんな予定を無理やりかこつけて、
ああ、忙しい、行けないなあ、行かなきゃだがなあ、
などと呟きながらゴマカシ続けてきたのでした。




 そもそも痛みは無いもんだから、そのうち次第にウヤムヤになり、
なんと1年が過ぎていた。




 しかし、17年逃げ回ったオウム真理教の容疑者が結局は逮捕されたように、
ワタシの親知らずも逃げ切ることはできなかったのか・・・・。






 実は、数日前、予備校生の息子が親知らずを抜いたのだ。




 歯が痛いから歯医者行ってくると言って、
かかったその日に抜いてきちゃったらしい。





 彼に聞いたところでは、すぐ抜けてほとんど痛くなかったとのこと。




 ええ、そうなの?ホントに?




 ワタシは土曜日の午前中診察しながら様子を見ていたが痛みが消えてこないので
意を決して歯医者さんの予約を取る。




 どうせ歯医者さんもお盆でお休みになっちゃうだろうし、
その時に痛みがひどくなったのではタマラナイ。





 午後2時半の予約が取れた時は、ああ、取れちゃったか、という、気分。





 頭の中で鳴りつづけているのはカンサスの「帰らざる航海(Point Of No Return)」である。





 そして、食欲は無かったが、晩飯は食べられないかもと思い、
無理してお昼を食べて、午後歯医者さんに伺う。




 W先生は、ついこの間息子の親知らずを抜いてくれた先生である。




 親知らず抜いたほうがいいと言ったのはいつもかかってたK先生であったが、
1年以上たっちゃって気まずいし
なにより息子の痛くなかった話にすがりたくて、
結局今回はW先生にお願いすることにした。





 W先生の話によると親知らずの周囲の炎症もあるが、虫歯は確実なので、
消炎治療だけでは限界もあるという。





 一応、もうそのつもりで来てるのでお願いすることに。




 もうこの期に及んで逃げも隠れもいたしやせん、
バッサリやっておくんなせえ。 




 かくて、まな板の上のオサカナさんになったが、それでも怖い。




 息子は全然痛くなかったって言ってましたね。




 ああ、息子さんは上の歯ですからね。




 は?




 上は、抜き易いんですよ。先生のは下ですね。





 ・・・・?!!!!!




 先生、汗かいてますね。






 ・・・・・・・・・・。






 じゃあ、行きますよ。






 キタ! おお・・・。





 奥歯にぐっと加わる力をしばし感じる。




 みしみし。



 うぐぐぐぐ・・・・*%$#+※▲¥$$×@@&#<<・・・。





 その後、すっと圧力が抜ける感じが・・・・。





 目つぶっててどうなってるかわからないけど、

 多分、生まれたわ、今。






 はい、抜けました、あと縫って終わりです。






 口の中で聞きなれた持針器の音がカチカチする。






 これは、経験から今何やってるかわかる。





 はい、お終いです。





 椅子が上がって時計を見ると5分もたってなかった。






 いやあ、痛くなかったぞ♪





 診察後お会計の時受付で、

「息子さんに背中押されたんですね。」

と言われてしまった。






 その晩と次の朝痛み止めを2回飲んで、痛みも出血もほとんどなく、
無事バクダン処理に成功したようです。





 W先生ありがとうございました、お見事でした。




 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。














スポンサーサイト

コメント

大変な思いしましたね。私も10年くらい前に、奥歯と言うか歯茎が痛み、歯医者に行ってレントゲン撮ってもらったら、親知らずが横に生えてる…との事で(苦笑  紹介状を書いてもらい口腔外科で抜きました。抜いてる時は勿論麻酔で痛みは無いのですが、抜いた後は、やっぱり出血が一日止まらずご飯も食べれず腫れもありましたね(;^_^A

2度とあんな思いはしたく無いって感じです(笑

でも無事抜けて良かったですね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。