スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運も実力のうち



 今シーズンもあと残り4試合となったが、
今週は週末は無く、水曜日開催である。



 なんで?




 週末はアジア・チャンピオン・リーグの決勝だという。





 我が国のチームはとっくに負けちゃって、
決勝は韓国の蔚山現代とサウジアラビアのアルアハリ、
全然カンケーねー。


 2012年J1第31節

 川崎フロンターレ    4-2     浦和レッズ   (等々力陸上競技場)
         (前半   3-0)
         (後半   1-1)



 わずかに優勝の可能性を残すレッズ。



 もちろん残り全試合の勝利は必要だ。




 そして、レッズの目指すパス交換からの崩しで、
幸先良く先制点を奪う。





 ここまでは理想的な展開に見えたが、
その直後のフロンターレ、レナトの左足のミドルレンジからの強烈なフリーキックは
壁のマルシオにあたり、コースが変わってレッズゴールに吸い込まれる。




 うう、なんたる不運!





 しかし結果的にこのゴールがその後の試合の流れを変えてしまった。






 思いがけぬ「もらい事故」に戸惑うレッズに追い打ちをかけるような、
2点目のフリーキック、しかも同じレナト。






 わずか4本のシュートで2点を挙げたフロンターレは、
精神的にも優位に立ち、のびのびとプレーをし
一方、勝利がマストであるレッズはどんどん追い詰められていく。





 レッズは良いサッカーをしていたと思う。





 ラインを下げてブロックをつくる相手に、
今まではなすすべがなかったが、
今回は、くさびのパスからのワンタッチプレーと、
ペナルティエリア近くでの強引なドリブル突破
2通りの方法で状況を打開しようという「約束事」が
おそらく監督から指示されていた様子が見て取れた。






 実際に、それらは有効で、決定的なシュートに結びついたり、
良い位置でのフリーキック奪取に結果が表れていた。






 でも西部の好セーブやらで、得点に結びつくには至らず。






 それにしても、GKの西部といい、途中交代の山瀬といい、
こういう「よく知ってる選手」にやられるのは痛いなあ。
(元レッズです、もしかしたら知らない人もいるかと思いますので、参考までに。)








 さあ、これで広島が勝ったので、レッズは優勝はまずないと言ってよく、
次節の埼スタの広島戦の日、心おきなく福岡の専門医講習会に行ける?





 というより、前節心配した下からの脅威は、
ついに4位グランパスと勝ち点差で並んじゃったじゃないかあ。





 アジア・チャンピオンズ・リーグ出場枠は3位以内。
(これもそのうち減っちゃうかもだがなあ。)




 最終節のグランパス戦で目の前でいやなことがおきませんように。



 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




スポンサーサイト

コメント

なんという不吉な予感ですか。でも本当に当たりそうで怖すぎます。最終節で見たくないですね~。

もう天皇杯に集中しましょう。

神戸の西野監督、解任されちゃった。
9試合「勝ちなし」はダメなんですって。
ガンバかヴィッセルのどちらかがJ2(かな?)

Re:コメントありがとうございます

suzuki様
ワタシも思いついてはっとしました。
今週末は休診ですが埼玉スタジアムで無く学会です。

Re:コメントありがとうございます

ふくろう様
西野解任ですか。
楽天はお金があるのでフロントが強気ですね。
この間のヴェルディサポはガンバが落ちると
来年の昇格ワクが確実に一個無くなるので、
J2落ちはガンバ以外希望、と言ってました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。