スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖のショック療法~エドガー・ウインター&リック・デリンジャー in ジャパン




 ワールドカップ出場決定の歓喜の一夜が明けて
水曜日夜は午後休診を利用して六本木に。

021_20130607082513.jpg



 ビルボードライブ東京で、エドガー・ウインターを観てきました。
いつもの中高年洋楽愛好クラブの元同級生の佐野君と一緒です。

100732p10000436.jpg



 ご存知、ジョニー・ウインターの弟、
兄は100万ドルのブルース・ギタリストとして有名だが、
ワタシはどっちかというとエドガー・ウインターの方がなじみ深い。




 高校の時に買った
「ショック・トリートメント/エドガー・ウインター・グループ」!
(日本語タイトルは「恐怖のショック療法」(笑))
49bf8a371b92d313239a8be43f606791.jpg
 ジャケットも中身もカッコいいアルバムだった。



 何よりビックリしたのは、当時雑誌で見た
このエドガー・ウインターのライブの写真。
250px-Edgar_Winter_1_-_1974.jpg



 兄、ジョニーがギターなら、オレはキーボードでいくぜ、
のストラップキーボード。




 おお、こりゃあ、ロックだ!
と、当時すごく感動した。




 今はショルダーキーボードなんて製品があるが、
当時、重たい、シンセサイザーに無理やりロックピンつけて背負ったのは、
このヒトが元祖だと思う。



 当然、今回もやってくれました!
fcd2340c.jpg
 1946年生まれの66歳で
かなり肥満してジジイになったが、このヒトは兄ジョニーともども
もともとアルビノなので
白髪はムカシからである。





 堂々の存在感は
おおー、あのエドガー・ウインターだという感じ。





 重たいキーボードしょって
(最近はもっと軽いのもあるだろうに)
ステージ上でパフォーマンスを繰り広げる。





 そのキープ・オン・ロッキンなエネルギッシュなステージに感動!





 そして、そして、今回のステージのもう一つの目玉は
スペシャル・ゲスト、かつてエドガー・ウインター・グループでともにプレイし、
その後もウインター兄弟とは切っても切れないギタリスト、
リック・デリンジャーの登場だ。





 先のショックトリートメントの裏ジャケ
0-080923-00.jpg

 腕を組んだ中央の男がリック・デリンジャー。




 抜群のギターテクでギター少年を虜にしたが
またその甘いマスクで女性ファンにはアイドル的な人気も高かった。
spring.jpg





 エドガー・ウインターの
「みんな、紹介するぜ、オレの長年のダチのリック・デリンジャー!」
のコールで、ステージに現れたのは・・・・・



ee6275e10742f05a25cbd9cad2b93437.jpg





 ・・・・・えっ、これ、リック・デリンジャー?





 前は、こうだったのに
f0210407_20575768.jpg






 1947年生まれだからエドガー・ウインターより1こ下のはずだが
・・・・・・老けたなあ。
rick-derringer-2007.jpg


 まさに「ショック・トリートメント」(?)





 まあ、しかし、ギターテクは健在で
彼の最大のヒット曲であり
ロックのスタンダードでもある
「ロックン・ロール・フー・チー・クー」をナマで聞けてサイコーでした。




 この曲はワタシの所属するハードロックバンド「オーディオメトリー」の
レパートリーだったりするのだ。




 最後は無理やり握手してもらったし。




 大変満足の一夜でした。

020_20130607082405.jpg


 ひそかにリック・デリンジャーの、ギターとエフェクターボードを
盗撮してしまった。
018_20130607082406.jpg


017_20130607082407.jpg



 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。










 
スポンサーサイト

コメント

最近はコンパクトエフェクターを使っているミュージシャンが増えましたね!!!YOU TUBEで観てコピーバンドかな?と思うと本物でしたと言うのが最近の驚きの画像ですね!!!

Re:コメントありがとうございます

shoji様
ワタシ、実はエフェクターには疎い方で・・・。
しかも最近のエフェクターはデジタル化が進み摩訶不思議。
いいアドバイスがあったらお願いします。

こんにちは、先生

お返答ありがとうございます。
画像であの甘いマスクの所から今現在というコメントを見て
私も最近はハードロックのミュージシャンが今現在皆かなり変わっているのを見て多少ショックでLIVE画像は購入せず
音源のみのLIVEを聴いています

エフェクターですが今はGT-10とかGT-100の音の良さは抜群
ですが野外ライブでは全くセッティングが太陽光で
見えなくなり使い物にならず!!!
ME-70もいいですが、ライブでは取り扱いやすいME-50という
古い単純なマルチを私は使用しています
1年前まではコンパクトを使っていましたが、又戻して再び使いたいと今は思っています。
前〇先生のディメンジョンが最高に音はいいですね!!!
私も是非欲しい一台です。

来てたのか…

初めまして。『恐怖のショック療法』は昔LPで聴いてて初盤のCDも持ってる大好きなアルバムです。最近ブログでこのアルバムの中の曲を取り上げて紹介したのに6月にエドガー・ウィンター来てたの知らなかった!○△○×.. あ、リックは…残念ですw 
リアルタイムの70年代ロックファンなので当時の彼らの印象はなかなか消えませんね。
ちなみに10月のKISSは幕張に観に行きます。Aceファンなので抜けてもういないのになんですが、これが最後かもと思うとやっぱり行こうかという気になってます。 

Re: 来てたのか…

イニシャルA様
コメントありがとうございます。
恐怖のショック療法、カッコイイアルバムです。
エドガー・ウインター氏はアルバムごとに音楽性が変わり
ホントは何やりたいんじゃーという感じですが、
このアルバムは楽曲ジャケットともに傑作でしょう。
ちなみにワタシは中学生の時レコード屋さんで
このアルバムからのシングル「ロックロールクイーン」を買うか
モット・ザ・フープルの「ロックンロール黄金時代」を買うかさんざん迷った末、
演奏時間が少し長かったモットを買った覚えがあるw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。