fc2ブログ

花粉症の市販薬(健康食品編)

 さて、今回はその他の民間療法、花粉対策グッズについてのお話です。

 どんなものがあるかなー、と少し検索したら、出るわ出るわで、とてもすべては網羅できません。
主なものについてお話します。

 まずは、食品、サプリメント系。

 花粉症に効く、と最近ブームなモノに「ポリフェノール」があります。
ポリフェノールとは単一の物質ではなく、いろんな物質の総称です。
例えば「糖質」とかみたいな。そんなかに「ブドウ糖」とか「麦芽糖」とかあるわけですね。

 まあ、カテキンやフラボノイドといった物質が「抗酸化作用」があるため、
心臓病の予防にいいとか言われてるわけですが
「抗アレルギー作用」もあり、花粉症にも効く、
ということで、特に「甜茶」はブームです。

 で、どうかというところですが
「有効であるが、効果が出るかはあまり期待できない。」
と思います。

 例えば、焚き火にバケツの水をかければ消えます。
しかし、ビル火災でガンガン燃えてる時に、バケツ1杯の水をかけても何もおきないでしょう。

 効果というのはそういうもので、有効成分があるから効く、というものでは必ずしもありません。
一説にはワインのポリフェノールが花粉症に効果を出すのには
毎日ワインを40本は飲まなければならない、という試算もあります。

 まあ、そういった成分を含んだものを積極的に摂るようにする、という姿勢はいいですが、
「甜茶で花粉症を乗りきる。」というのはどう考えても無謀です。


 さて、そういった市販の食品などの中で、
学会できちんとデータをとって有効性が確認されてるものが一つだけあります。

 それは「ヨーグルト」です。

 リンパ球にはTh1とTh2があり、アレルギーのバランスをとっています。
Th1は主に感染に対して防御機構を強化させ、
Th2が優位な状態ではアレルギーが起こりやすいといわれてます。

 近年、感染症の減少と、抗生物質の幼少時からの多用による腸内細菌叢の破壊は
特に子供にTh2優位な状態を作り、アレルギー疾患の発症を増加させてるといわれてます。
この辺はいわゆる「衛生仮説」という理論の裏づけと考えられています。
簡単に言うと
「クリーンすぎる環境で育つとアレルギーの発症が多い」
という説です。
これ説明すると長くなるので、また別の機会に。


 ともかくヨーグルトにより腸内細菌の状態を改善することは、
「Th/Th2バランスを改善しアレルギーの発症を抑える」ことがわかっています。

 だから、別に「カスピ海ヨーグルト」でなくてもいいんです。
グリコでも明治でも、ヤクルトもOKです。
別に1日に40本飲まなくてもいいみたいです。

 ただ、やはり花粉症のときだけ飲むのではダメで、毎日こつこつ飲む。
さすがにヨーグルト飲んでれば花粉症は平気、ってほどは無理でしょうが、
アレルギー体質がひどく、ダニ、ホコリのアレルギーもあったり
アトピーもありなんて方はある程度の体質改善が期待できます。

 また、肉中心の食生活を魚中心に変えるのも、Th1/Th2バランスの改善に役立つといいます。


 以前、ある患者さんが花粉エキス入りで花粉症に効く、という漢方薬だか健康食品を
通販かなんかで購入して、飲んでました、とやってきました。
年配の女の方でしたが、あー、だまされちゃったのね。
値段を訊くと、これが結構な値段。
詳しくは覚えてないが、1万円以上したんじゃないか。
一説にはこういうものは高いものほどだまされやすいとか。

 花粉を飲んでも、花粉症は治りません。

 やっぱり、怪しげなものは一度耳鼻科で相談してから、がいいですよ。
甜茶入りミント飴くらいならいいですけどね。

 次回「グッズ編」です。


スポンサーサイト



コメント

おひさしぶりです

どうも、kohaの相方のYです。お久しぶりです。お元気そうで。
kohaさんより『オグラ先生の花粉症の話、なかなかためになるよ』と
言われ、楽しく拝見しております。

我が家はとりあえず今のところ花粉症らしき人間はいないのですが、
私自身がここ1週間くらい、何やら怪しい気配してます。
喉の奥、鼻の奥がヒリヒリする、くしゃみ連発、目の痒み、
まあ、その程度で済んでますので『これはけして花粉症ではない』『認めたら負けだ』と自分自身に信じ込ませております。

ところで、ひとつお聞きしたいのが、『鼻うがい』ってどうなんでしょう?重症花粉症患者の私の次兄が『これが一番いいんだ』と
毎度毎度鼻うがい(片方の鼻の穴に水入れて、口から吐き出す、おぇぇ~ですね)をしています。どんなもんでしょう?
くだらない問い合わせですみません。

どうみても

いや、そりゃ、花粉症でしょ。
症状、時期、そして何より「次兄が重症花粉症患者」!
花粉症は遺伝しますので、血縁者に花粉症患者さんがいたら、
発症の可能性はグーンと高まります。

早く耳鼻科行って血液検査受けてください。
陰性ならそれはそれで安心だし。

花粉症は我慢すればするほど悪化し、治療も困難になります。
症状が軽いうちに手をうった方が身のためかと・・・。

ありがとうございました!

やはり~、花粉症ですか、う~~ん。
実は耳鼻科って一度もかかったことなくて、なんか腰重かったっす。
オグラ先生んち近くなら診てもらいたいとこですが、あ~、でも
知ってる人に鼻の穴カパッと開かされるのって、いやや~。

懇切丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。
(鼻うがいも、止めよと次兄に言っときます)
また、いろいろな話題、楽しみにしています!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング