スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このやり方なら勝てる

 このカード、チケット発売開始5分で完売だと。

 キャパがちっちぇえんだよ、もっとでかくしろよ、
っていつもはガラガラなんだが等々力競技場。

 ともかく、チケット手に入らず、スカパー観戦。


 20009年J1第26節
   川崎フロンターレ   0-2    浦和レッズ  (等々力競技場)
        (前半     0-0)
        (後半     0-2)



 前節、山形相手にドタバタしながらも勝って、連敗を止めたレッズ。

 一方、大雨の中、岡田ジャスティス主審の?マークが10個くらい飛び交うような
分けわかんない判断で、一時は勝ち試合がふいになりそうだったフロンターレ。

 まあ、あの試合、後半29分から16分だけの再試合となったそうで、
川崎的には助かったわけだが、それでも勝ちと決まったわけではなく、
相当のモヤモヤが、あるでしょうね。



 さて、「チャレンジャー」として川崎に挑んだレッズ。
試合開始直後から積極的にボールを動かし、主導権を掴もうとする姿勢が見られました。

 パススピードも速く、タッチ数も少なく、動きも多い。

 お、今日はいいぞ。

 浮き玉への寄せが早いのはいいときのレッズが戻ってきた証拠。


 だがやがて、点が取れないうちに徐々に川崎のカウンターが効いてくる。
レッズのパスもスピードが落ち、足元へのパスが多くなる。

 ああ、今日もダメなのか。


 しかし、今日の守備は良かった。

 4バックと2ボランチが一体となって、プレスをかけ、カバーリングをしていた。

 そして、ロビーのゴール。
川島は明らかに闘莉王に気をとられていたので、これも闘莉王効果かな。
直接フリーキックのゴールは今期初めて、この3年間でも2,3回しかないらしい。


 そしてそして、何と啓太のシュートが枠を捕らえるとは!
これは間違いなく、フリーキックのゴールより、もっともっとレアな記録でしょう!
(ホントはそれじゃ困るんだけど。)



 最も良かったのはその後の猛攻を0点に抑えたこと。
リーグ随一の攻撃陣を、完封したのは大きい。
3ボランチも正解でした。

 得点は偶然が作用するが、守備は必然が支配するものだ。

 闘莉王が試合後に言った
「このやり方なら勝てる。」
って事が、すごく大事だ。


 そして、何だ、鹿島も負けたんじゃん。


 まあ、残り試合を考えるとレッズの優勝はきびしいけど、
ACL出場権獲得と、
最終戦で鹿島の優勝を阻止するって、
かなり気持ち良くないすか。

 いや、優勝の可能性だって全く無いわけではないですが。


 
スポンサーサイト

コメント

こんばんはです。
やりましたねぇ、あの川崎相手に!!

>得点は偶然が作用するが、守備は必然が支配する

うーん、納得する言葉ですね。
やはりしっかり守備をしないチームは、どこかでボロが出ますね。
今回の素晴らしい勝利も、破壊力ある川崎の攻撃相手に、中で組織的にしっかり守った故に生まれた勝利ですね。

この調子を更に成長の糧としつつ、ホームでまた素晴らしい試合を続けてもらいたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。