スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディア物語(第3話)



 さて、レディアがやってきて、朝な夕なにこの姿を見るのが楽しくてしかたが無い。

 ああ、自分の子供が生まれた時、こんな気持ちだったなー。

P4260214_conve rt_20100211111417.jpg

                     P5170277_convert_20100211111554.jpg
 しかし、レディアは、しっぽも振らなければ、吠えもしない。

 自分からこっちに飛びついてくることもない。

 おびえてる様子はじき無くなったので、おとなしい犬だなあ、と思っていた。



 そんなある日妻が
「だんだんレディアちゃんが食べなくなってるの。」

 やっぱ、まだ慣れないのかな。


 そのうち、次第に衰弱して毛が抜けてきた。


 こりゃ、病気かも。


 妻が近所の川島動物病院に連れて行った。


 とりあえずなんか検査をして注射して薬をもらって来たらしい。


 人間の医者には動物の病気は、わからんなー。


 心配したのは、我々夫婦が外来で何らかの病原体を持ち込んで感染させてしまったら、
ってことだが、どうもそういうわけではないらしい。
(まあ、人のウイルスは原則的に犬にはうつらないけど。)


 とか言ってるうちにレディアが突然吐いた。


 そこには、うごめくたくさんの寄生虫が!


 なるほど、今の日本で子供診察していて「寄生虫か?」とは、まず思わないけど、
犬ではそういうこともあるわけだ。



 また病院に行き、事情を説明して薬をもらう。



 しかし、衰弱は一向に止まらない。


 毎日毛が抜け、ボロボロになってくレディア。
もうかわいい子犬の面影もない。


 虫も何回も吐いた。



 妻が言った。
「このまま回復の兆しが無ければ、入院だって。」


 なんせ犬は人間と違って保険が無いから治療費は馬鹿にならない。




「ねえ、もし、ペットショップに行って、新しい犬と変えてもらったら、レディアはどうなるかしら。」



「そりゃ、まあ・・・・、処分だな。原価が売値を上回ったら商品としては意味がない。」



「・・・・そうよねー。」



 そうなのだ。

 あの時は聞き流した言葉が、別の意味を持って思い出される。


 でも、一旦、こうなってしまったらこの犬はもう「ただの犬」ではないのだ


 我々は全力を挙げて看病に努めた。




 しかし、その後レディアは結局、やはり入院。





 それでも、川島先生の懸命な治療で何とか回復してきて、
1週間の入院治療で退院にはなった。



 ただ、後で聞いたら、退院の時はまだちょっとヤバいかもと思ったが
小倉さんちは夫婦で医者だから大丈夫だろうと家に帰したとのことでした。
(いや、犬、よくわかんないすけど。)




 その後、徐々に体力が回復し、少しづつ元気になったレディア。


 ボロボロだった毛も次第に生えそろって夏までにはすっかり健康な柴犬になりました。




 結局、ガレージの上に出すタイミングを逸し、室内犬となったレディア。



 私のデジカメには、4月の発病前のレディアの写真の後は、
8月まで彼女の写真が無い。

 とても写真どこじゃ無かったわけだ。

 やっと笑うようになったレディア。
P9200180_convert_20100211113827.jpg
             P9180176_convert_20100211113717.jpg



 その後予防注射と検診に行った時、川島先生に言われました。
「結局、買った値段の何倍もお金かかっちゃったね。」




 でも、そんなことがあったから、何倍も愛せるのかも。
P7100290_convert_20100211113530.jpg

 これからもよろしく。



 おい、・・・・聴いてる?



       ~ 完 ~



 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

スポンサーサイト

コメント

我が家も同じ豆柴飼ってます。
名前は「しんじ」
大柴だと「けんじ」だったのですが(爆)

もうすぐ8歳のオスです。
元気に育ってます。
でも雪降ると、小屋の中で丸くなってます。

このままお馬鹿でも良いので元気でいてくれれば良いです。

飼い主は…そろそろ外耳炎の診察行かなきゃ(爆)

Re: コメントありがとうございます

大柴けんじ、ありですねー。(今はないけど)
それより「しんじ」ってひょっとして、あれですか、
あの、元レッズの・・・・えー・・・「城定しんじ」!、(いやいや)

今は「ゲンキ」とかいう名の犬も多いのかなー。
「ギシ」とか「セル」「ウメ」なんて。

「いやーウチのイヌ、「サヌ」ってんですよ。」
イヌのサヌ、わかりにくい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。