スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに暫定首位に

 今日は、時計と靴に注意して、もちろん下着にも気を使い、埼スタへ。




 浦和レッズ  4-2  コンサドーレ札幌  (埼玉スタジアム2002)
      (前半 2-2)
      (後半 2-0)




 行きに、佐野イオンの渋滞にはまり、ちょっとあせる。吉野家寄るんじゃなかった、か?
席に着いたら、すぐ、試合が始まった。

 開始早々、スロー・スタートのレッズが見てとれる。

「やばい、今日は暢久が寝てる日だ。」

山田暢久、レッズ一筋15年のこの男は、常に日本代表クラスといわれながら、
その安定しないパフォーマンスのため、代表入りを逃し続けていた。
その後、ジーコジャパンでは代表召集されるも、いわゆる「キャバクラ事件」(注)で、失脚。
もっとも、本人はキャバクラ行ってないらしく、巻き添えのようである。

 やりゃあできるのに、まったく別人のような気の抜けたプレーをするので有名。
近くは、この間のナビスコ京都戦の失点シーンなど、記憶に新しい

 「あー、ダメだ。今日は、暢久がダメな日だ。」

山田の出来不出来は、怪我とかのコンディションに関係ないので、蓋を開けるまでわからない。
監督も、サポもわかんないし、
ひょっとすると本人も予想つかないんじゃないかと思うくらいムラがある。

 で、暢久がだめだと、負けちゃうことが多い。
なんせ、キャプテンだし。チーム最古参だし。

 今日の暢久は、タテへの突破は一回もなかったのでは。
それでも、ボール・キープとアーリー・クロスで、そこそこのチャンスは作る。
レッズ・サポの間では、暢久の上がりは1試合3回がいいとこで、
3回上がると、
「ああ、今日はもう、これ以上はないな。」
と思ってしまう。

 大体、当時リーグ最弱だったレッズに入った理由が

「レッズならすぐレギュラー取れそうだったから。」

というのは有名な話だ。

 そんな不安が的中して、開始早々に失点。
うーん、ぬるい。
牛丼なんか食べてから来た、俺もぬるい。

 そして、その後の高原の幻のゴール。
かえってから録画見たけど、オフ・サイドじゃなかったね。

 ところが、阿部のラッキーな同点ゴール。(キーパー下手すぎ。)
しかし、その直後の再負け越しゴールには、かなりがっかり。
何やってんだか、まったく。

 でも、まあ、トゥーリオのゴールで、前半のうちに追いついたのは、大きい。
 
 後半のエジミウソンの2ゴールは、連携がきれいに決まった美しいゴール
何だかんだで、チームに勢いがついてきたか、相手が下手すぎたか。

2008年コンサ


 しかし、札幌も戦術的には、レッズをよく研究してるなーという感じ。
「前線が、最終ラインを追い回し、パスのほころびをカットして一気に攻めきる。」
っていうのは、今のレッズの弱点をついた、よい(つまりこっちは困る)戦法だ。
名古屋にも、ナビスコの京都にもこれでやられた。
今日のクライトンは、まるで、この間の柳沢の動きとまったく同じ。
キック力と、キープ力がある分、柳沢より脅威だった。
さすが、知将といわれる三浦監督だ。
しかし、その他の選手が、監督の考えるサッカーを完遂する能力がなかっただけ。

 名古屋が負けたおかげで、ついに暫定首位に。(2位アントラーズは明日の試合)

 悪い内容でも、結果が出てれば実力のあるチームは徐々に力を発揮するはず。

 やっぱ、今日ビール我慢したのがよかったかー、と夕焼けの埼スタを後にするのであった。

2008年コンサ2


(注)キャバクラ事件:
2004年、当時茨城県鹿島市で合宿中の日本代表選手が
合宿を抜け出して、キャバクラで飲食。寿司投げ、乳もみなど結構、乱れちゃったらしい。
この一件が発覚、当時日本代表監督のジーコの逆鱗に触れ、
久保、奥、大久保、茂庭、小笠原、山田(卓也)、都築の7人は
代表をおろされた。山田暢久はキャバクラにはいってないらしいが、
一緒に無断外出したかどで、ついでに代表をクビになってしまった。
このキャバクラ組7人は、後に「キャバクラ・セブン」として有名になった。
ちなみに、この面々は、その後ぽつぽつと代表に復帰するが、奥と両山田は呼ばれなかった。
奥はもう引退してるし、山田卓也は没落してどこ行ったかわかんないことを考えると、
この一件で最もワリ食ったのは山田暢久といえる。
でも、本人は、あまり気にしてないかも。
「代表?タリーよ。」なんて。
スポンサーサイト

コメント

いつも
すごく内容の濃いブログですね、
とても勉強になります。

ヨカッタラ、こちらの方にも遊びに来てくださいね。

初めて拝見

診察の予約を入れさせて頂き 初めて先生の書込みを拝見いたしました。素敵です 読ませていただきます。楽しくなりました。 診察に伺って 先生ご夫妻が なおさら好きになりました。 書込み頑張ってくださいね。  足利の藤 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。