スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山で禁煙学会(その3:鯛めし編)



 松山に行くにあたって、名物は何かいな、
と調べたが、あまりピンと来るものが無かった。




 隣り香川なら「さぬきうどん」、高知土佐なら「カツオのたたき」など、
思い当たるフシはあるが、
愛媛?いよかん?




 ガイドブックを見ると
「松山鮓(まつやますし)」
とある。


 正岡子規が夏目漱石を実家に招いたときにご馳走したといわれ、
松山を代表する郷土料理だそうだ。



 これも食べてみたがこんな感じ。
P9200618_convert_20100922084034.jpg


 まあ、何となくフツーの「ちらしずし」だ。




 美味しかったけど、それほどの感動は無い。





 しかし、例の「NHK坂の上の雲ドラマ館」で、
マドンナのお姉さんに教えてもらった料理はアタリだった。



 お姉さん、親切にお店の場所と行き方まで教えてくれた。




 んで、食べました。

 これが松山名物「鯛めし」。
別名「ひゅうがめし」というらしい。
P9190575_convert_20100921223909_20100922084613.jpg

実は、食べ方があって、こんな感じ。
P9220632_convert_20100922195448.jpg
 要するに鯛のお刺身にしょうゆだれでといた生卵をかける「ぶっかけめし」だ。
刺身のつまはダイコンではなく、タマネギと海藻。



 ぶっかけるとこんな感じです。
P9190579_convert_20100921224002.jpg




 これは、ハマる。




 鯛のあっさりした味に生卵がコクを加え、ウマいのなんの。





 実は、愛媛にはもう一つ「鯛めし」があり、
鯛をご飯に炊き込むタイプで、「北条風」というそうな。



 一方こっちのぶっかけタイプを「宇和島風」ともいうらしい。



 もともとは解説にあるように、伊予水軍の「ひゅうがめし」がルーツで、
この場合、必ずしも鯛ではなく、鯵などだったらしい。



 ウソかホントか、水軍てのはまあいわゆる海賊ですから、
彼らがが火を焚くと、その煙で敵に発見されるので、
火を使わない「ひゅうがめし」が考えられたという、
なかなかカッコいい「伝説」もあったりする。





 実は2日連続で食べてしまった。




 松山行くなら、これ、絶対お勧めです。




 ああ、また食いてえ。



人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。