スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井教授の言葉


 先日は、恩師である群馬大学耳鼻咽喉科の亀井元教授の葬儀に行ってきました。


 受付時間の短縮などで患者様には大変ご迷惑をおかけしました。



 亀井先生が教授になられたのは昭和59年。


 私の入局が昭和60年なので、まさに教授就任後初の入局者、
妻の入局が昭和61年ですから、
まあ2人とも「亀井チルドレン」なんて言い方もあるかもしれません。



 亀井先生のことを一言で評すと「ジェントルマン」だったと思います。



 非常に温厚な人柄で、我々医局員に対しても、
丁寧な言葉遣いで、決して「呼び捨て」などにはしませんでした。


「小倉さん、これ、どう思いますか。」

「小倉先生、この文献まとめておいてください。」


 などと言った物言いで、
教室員を呼び捨てにして怒鳴りつける教授も中にはいますが、
全くそういうことはありませんでした。


 一緒に手術に入ると、手術室の看護婦さんにも
「ぺアンを取っていただけますか。」
などと敬語を使い、器械を受け取ると
「サンキュー」
と答えるのが常でした。



 妻が耳鼻科に入ったのも、
入局説明会で、教室員と教授がフランクに話してるのを見て決めた、
と言ってました。



 妻と知り合ったのは彼女の入局後ですから、
間接的に、亀井先生のおかげで結婚できた、といえなくもありません。




 亀井先生の言葉の中に常に私が大事にしてる言葉があります。



 まだ私が独身時代の若いころ、ある患者さんの受け持ちになりました。



 その方は、まだ30代半ばの女性の方だったのですが、
舌がんだったのです。



 治療方針を決めねばなりません。



 手術、放射線、抗がん剤、しかもそれらも様々な術式、薬の種類があります。



 何が最適なのか。



 その時、教授回診で先生が私に言った言葉は次のようなものでした。


「小倉さん、この患者さんをあなたのお姉さんだと思って治療してください。」



 そうです。


 この言葉で治療方針に対する迷いがなくなりました。



 それ以後、現在でも患者さんを診るたびに、
その人が
自分の親だったら、恋人、妻だったら、我が子だったら、はたまた自分だったら、
どんな治療を行うか。



 そう考えると答えはおのずと出ます。





 今でも、毎日、事あるごとにこの言葉に帰り、
また、患者さんに手術など勧める場合でも
「いや、もしうちの子だったら、これは切開しますよ。」
などと説明します。




 まあ、私が医者やっていく上での「座右の銘」っていうとカッコよすぎですが、
指針、道しるべみたいなものになってますね。
 




 亀井先生にとっては
私は全く「不肖の弟子」であったわけで、
その点ではまことにお恥ずかしいかぎりですが、
こうして医者をやっていく上で大変お世話になったと思っています。




 先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




スポンサーサイト

コメント

小倉先生のお話だけで、亀井教授のお人柄が偲ばれました。
先生の恩師はこんなに素晴らしい方だったんですね。

私や家族が診療を受ける際、複数の治療方針を提示いただいて決めかねたときは、
「私だったら、私の身内だったらこうします。」というお言葉をいただけると
患者側として非常にありがたく、また安心してお願いできます。

これからも亀井先生や小倉先生のように、患者を身内のように考えていただける
先生が数多く生まれることを切望いたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

おぐぐー

Author:おぐぐー
昭和60年群馬大卒
開業医4人を中心としたロックバンドC.R.P.のリード・ボーカル&ギター担当
浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・クラブ会員
家族:妻(耳鼻科医)1男1女1犬(柴犬)
http://ogujibi.com/

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手記事別ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。